ルミアスイムウェア、一番好きな水着です。 少しだけキャラクリを調整したんですよねぇ。 最近の一押しミディアムツインテール! チアドレスカチューシャ、ルミアスイムウェア合いますね。 浮上施設というから、てっきり高低差の激しいフィールドなのかと思っていたのに。 浮上するようなギミックは全然ないのですね。

こんにちはー、ConaYukiです。

またしても間が空いてしまいました。
更新頻度を安定させたいんですけれど、なかなかそうもいかない。(゚ー゚;A


さて、先週のアップデートで浮上施設が実装されました!
ウォパルです。水分たっぷりな施設です。なので水着でしょうかね。(=v=)

実は最近、キャラクリを少しだけ調整したのです。
なので、その確認も兼ねながら、キャラクターを撮ってみることに~。

水着はやっぱりルミアスイムウェア、
あとはチアドレスカチューシャが似合っていたので付けてみました。
 


ルミアスイムウェア、一番好きな水着です。

水着の種類がやたら多いPSO2だけれども、一番好きなのはルミアスイムウェア。
新色の赤が出たので、さっそく着てみたのです。(*´∇`*)

ふむ、なかなか悪くないです。まぁ、色違いですからね。

そして、同じタイミングで実装されたチアドレスカチューシャも付けてみました。
赤の固定色なので、ルミアスイムウェアの赤と合わせると良い感じになります。

セットにしてみると、新手のバニースーツかな?と思えるような感じになりました。
バニースーツ(ウォパルバージョン)って感じでしょうか!

少しだけキャラクリを調整したんですよねぇ。

さてさてぇ、浮上施設です。
背景から推測するに、海岸から見えていた謎の建造物が浮上施設だったんですねぇ。

そのせいか、ウォパルの海岸と似たような光源となっています。
朝方は霧が掛かったような雰囲気になりますが、それ以外は海岸と同じかなぁ?

つまり、光源がとても綺麗でキャラクター撮影に最適!ってことですね。

???「女性キャラクターを撮影するなら、海岸か浮上施設!覚えておくと良い!」

最近の一押しミディアムツインテール!

ハルコタンの白ノ領域は、雰囲気が出ていて素敵だけれど。
なんせ、エネミーが硬すぎる…。(T△T)

弱体化したGuだと雑魚もまともに狩れないのでは?というくらいに堅い!


それに対して、浮上施設のエネミーは、さほど固くなく、ちょうどいいバランス。
気絶攻撃が鬱陶しいんですけれど、まぁ、それくらいはねぇ。

白ノ領域の硬すぎるエネミーに比べたら、大したことないですよ。(゚ー゚;A


あとは戦闘音楽も素敵ですね。
と、此処までは良いんですけれど、ちょっとエネミー…。

もうちょっとカッコいいのを期待していたんですけれど…。 (-_-;)
バル・ロドスとか、ビオル・メデューナと比べると、明らかに劣化してるっていうか…。

あれって、明らかに中型ボスですよね!これから大型ボスが実装されるに違いない。

チアドレスカチューシャ、ルミアスイムウェア合いますね。

というわけで、撮ろうと思ってたんですけれど。
撮る気にならなかったという感じなのですよねぇ。


そこで、最近キャラクリを少しだけ調整したし、
キャラクターでも撮っておこう!という今回の撮影なのです。


実は私も、いちおうキャラクターを3体持ってるんですよ。
それで、その内の2体はPSO2esと連動しているんですけれど。

ここ半年ほど、実際にプレイにしているのは、この子だけなんです。


それなのに、スキル振りなおし券とか、PSO2es連動のエステ無料券とかは、
キャラクター毎に配布されるから、すごく余っていて使い切れない状態!(; ̄□ ̄A

今のところ、スキル振りなおしが15枚くらい余っていて、
エステ無料券が2枚くらい、カラーチェンジパスも15枚ほど余っている感じ。

ついでに課金はするけれど、強化もあまりしないから。
強化リスク軽減(完全)は30個くらい余っていたり。売らないとなぁ。

浮上施設というから、てっきり高低差の激しいフィールドなのかと思っていたのに。

そんなわけなので余っているエステ無料券を使い、
前々から気になっていた点を直すことにしました!(*゚▽゚)ノ


ただ、他のブログさんで、「エステで此処を直しました!」って比較画像までつけて、
解説されている人がいますが、私には その違いが分からないんですねぇ。

他人のプレイヤーキャラクターは、よほど大きく変わっていないと違いが分からない!
なので、私も あえて此処が変わったとかは、書かないでおこうかなぁっと。


でも、他の人から見て分からないことでも、
少しずつ微調整して、キャラクターを磨いていくのは大切だと思うのです。


戦闘スクリーンショットの場合だと、どの距離、どの角度、どんな光源で撮っても、
ある程度、それなりに見える!っていう風にしておかないといけないので。

キャラクタークリエイトで、調整する際も注意してるんですけれど、
やっぱり難しくって、そんなに簡単に理想にはたどり着けないのです。

少しずつ、悪いところを探しながら、定期的なチューニングが必要ですねぇ。

浮上するようなギミックは全然ないのですね。

また、暫くしたら、悪いところが見つかるんだろうなぁ~。
とか、思いつつ、今回の微調整はこんな感じで、良いんじゃないかなぁ。


そうそう、特定の髪型が、とんでもなく似合わないのは、どうしたらいいんでしょう…。
今更ながら、アルティナロングと、前分けツインテールが似合わない!

ってことに気づいてしまいまして、少々ショックなんですけれど…。
一度、どの髪型が似合っていて、似合っていないのか髪型の棚卸しが必要かなぁ?